ニュース
» 2017年10月12日 12時00分 公開

OpenScope MZ:スマホ連携可能な多機能オシロスコープ

ディジレントは、波形発生器とロジックアナライザを搭載した、USB、Wi-Fi対応オシロスコープ「OpenScope MZ」を発表した。アナログ/デジタル信号のキャプチャーや可視化、制御に使用でき、USBやWi-Fiを介してスマートフォンなどと連携できる。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 ディジレントは2017年9月、波形発生器とロジックアナライザを搭載した、USB、Wi-Fi対応オシロスコープ「OpenScope MZ」を発表した。アナログ信号、デジタル信号のキャプチャーおよび可視化、制御に使用でき、USBやWi-Fiを介してスマートフォンやコンピュータと連携できる。

 マイクロコントローラー(MCU)には、Microchip Technology(マイクロチップ・テクノロジー)の「PIC32 MZ」を採用。200MHzに対応し、2048KBのフラッシュメモリ、512KBのRAMを搭載した。「PIC32MZ2048EF」の開発ボードとして、スタンドアロンモードでも使用できる。

photo USB、Wi-Fi対応オシロスコープ「OpenScope MZ」

 他に、最大10Mサンプル/秒の更新レートで1MHzの帯域幅を持つファンクションジェネレーター出力と、2MHz帯域幅で12ビット、最大6.25Mサンプル/秒のサンプリングレートを備えたスコープチャンネルを搭載している。電源は、最大50mAと±4Vの電力を供給するプログラマブル電源を採用した。

 OpenScope MZには、無料のアプリケーションソフトウェア「Waveforms Live」が付属。同ソフトウェアと組み合わせて使用することで、コンピュータをオシロスコープ、波形ジェネレーター、ロジックアナライザー、電源およびデータロガーに設定できる。これらは全て、Wi-Fiを介してOpenScope MZからコンピュータで利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.