ニュース
» 2017年10月06日 12時00分 公開

ADI LT8711:各種コンバーターに構成可能なPWMコントローラー

アナログ・デバイセズ(ADI)は、非同期整流式昇降圧コンバーターなど、5種類のコンバータートポロジーに構成可能なマルチトポロジー電流モードPWMコントローラー「LT8711」を発売した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 アナログ・デバイセズは2017年9月、5種類のコンバータートポロジーに構成可能なマルチトポロジー電流モードPWMコントローラー「LT8711」を発売した。同期整流式の降圧/昇圧、SEPIC(Single Ended Primary Inductor Converter)/ZETA DC-DCコンバーター、非同期整流式昇降圧コンバーターとして構成できる。

マルチトポロジー電流モードPWMコントローラー「LT8711」 マルチトポロジー電流モードPWMコントローラー「LT8711」

 出力電流は最大10Aのため、自動車や産業用、太陽発電システム、汎用アプリケーションなどの用途に対応する。入力電圧は4.5〜42Vで、外付け部品に応じて出力電圧を生成する。Burst Mode動作時の動作電流は15μAと低いため、バッテリー駆動システムの動作時間を延ばすことができる。

 周波数は100k〜750kHzの範囲で選択可能で、外部クロックに同期できる。入力電圧を安定化するため、独自のEN/FBINピン回路を搭載。ソーラーパネルなど、高インピーダンス入力電源の電圧急低下を防ぐことができる。同ピンは、低電圧ロックアウト機能のために使用することも可能だ。

 同期整流式降圧コンバーターとして構成した場合、100%のデューティサイクルで動作する。他に、調整可能なソフトスタート、2つのデバイス電源入力、トポロジー選択ピンなどを備えた。

 20ピンTSSOPパッケージと3×4mmのQFNパッケージで供給され、1000個購入時の単価は2.30米ドルとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.