ニュース
» 2017年10月04日 07時00分 公開

オムロン E2E-NEXT/e-治具:自動車工場の突発的な設備停止リスクを低減させる次世代近接センサー

オムロンは、自動車および自動車部品工場における設備稼働率の向上に貢献する、「世界最長」(同社)の検出距離を実現した次世代近接センサー「E2E-NEXT」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 オムロンは2017年9月28日、自動車および自動車部品工場における設備稼働率の向上に貢献する、「世界最長」(同社)の検出距離を実現した次世代近接センサー「E2E-NEXT」と、取り付け冶具「e-治具」の販売を同年10月2日から開始すると発表した。

E2E-NEXT 製品写真 「E2E-NEXT」の製品写真(出典:オムロン)

 販売価格は、長距離タイプが7700円から、スパッタ対策長距離タイプが1万1900円からとなる。


従来比2倍の検出距離を実現する近接センサーが設備停止リスクを低減

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.