ニュース
» 2017年10月03日 15時00分 公開

ヤマザキマザック INTEGREX i-500:直径700mmまでの加工ワークに対応、モジュラーコンセプトを採用した複合加工機

ヤマザキマザックは、複合加工機「INTEGREX i」シリーズの最新版「INTEGREX i-500」を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ヤマザキマザックは2017年9月、複合加工機「INTEGREX i」シリーズの最新版「INTEGREX i-500」を発表した。

 INTEGREX i-500は、シリーズ最大となる直径700mmまでの加工ワークに対応する。高出力、高トルクのビルトインモーターを搭載しながらも、全長を短縮したコンパクトミル主軸を採用し、生産性の向上と加工領域の拡大を達成した。

 また、機械構造の改良や高剛性化、高精度スケールを標準で採用。これにより、より高精度な加工を可能にした。機械前面に配置したツールマガジンにスライドドアを用いるなど、作業性や保守性も向上した。

複合加工機「INTEGREX i-500」 複合加工機「INTEGREX i-500」

 新たにモジュラーコンセプトを採用しており、旋削主軸やミル主軸など各部仕様をニーズに応じて選択できる。ギア加工や高精度5軸加工などの付加価値の高い加工をはじめ、さまざまな加工ニーズに適した仕様にできる。さらに、昨今の自動化ニーズに応えるため、多関節ロボットや左右どちらにでも配置可能な高速ガントリーロボットなどのオプションを用意している。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.