ニュース
» 2017年09月25日 12時00分 公開

AZAPA DBT SaaS:高速軽量で自動車制御にも実装できる人工知能アルゴリズム

AZAPAは、エイシングが開発した人工知能アルゴリズム「DBT」を活用したソリューションとサービスの提供を開始した。自動車制御の他、家電や医療関連の制御分野での販売を目指す。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 AZAPAは2017年8月30日、AI(人工知能)技術の研究/開発を行うエイシングと協業し、AIアルゴリズム「DBT(Deep Binary Tree)」を活用したソリューションとサービスの提供を開始した。自動車制御の他、家電や医療関連の制御分野に向けて販売を進め、初年度で1億円程度の売り上げを目指す。

AZAPAが提供するサービス

 エイシングが開発するDBT技術は、機械制御に適した機械学習アルゴリズムとなる。リアルタイム性に優れ、軽量で高速な実装が可能だ。また、学習に際し、人手によるパラメータ調整が不要となっている。従来の深層学習では、学習データの精度が開発者の能力に依存し、外乱影響に動的に反応できるチューニングはできないなどの課題があったが、DBT技術ではメンテナンス・フリーで高精度な学習ができ、動的な追加学習も行える。

 今回提供するのは、月額サービスの「DBT SaaS」と委託サービスの「DBTコンサルティング」。利用ケースとして、予測したいデータを多次元の相関因子から成る空間データから推定していく予測制御、多次元の実験データによる適合マップの自動生成や制御パラメータの自動適合、相関性のあるデータの影響因子の解析などを想定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.