ニュース
» 2017年09月14日 09時00分 公開

ミマキエンジニアリング 3DUJ-553:ワンランク上の“美しい造形”を可能にするUV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタ

ミマキエンジニアリングは、「世界初」をうたう1000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」の販売開始を前に記者説明会を開催。同製品の特長や市場性の高さをアピールした。

[長町基,TechFactory]

 ミマキエンジニアリングは、「世界で初めて」(同社)という1000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」の販売を2017年11月から開始する。同製品の主な特徴は1000万色以上のフルカラー表現、クリアインクによる表現、滑らかな造形物、サポート材の簡単除去、内部監視カメラの搭載、カラープロファイル対応などで、価格(税別)は1780万円。販売目標は年間100台としている。

 3Dプリンタ市場は、北米、欧州をはじめ世界中で拡大を続け、その用途は製造業を中心に教育、建築、医療といった分野へと広がりをみせている。3DUJ-553は、これまでの2Dの高画質業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた技術を生かし、世界初(同社調べ)となる1000万色以上のフルカラー造形を実現した。造形後の色付けでは難しかった豊かな色彩表現により、立体造形のオブジェクト看板や建築模型といった最終製品用途で活用できる。造形には、UV光を照射することによって硬化するUV硬化インクを使用。積層ピッチは最小22μmを実現した。また、水溶性のサポート材インクを採用することで、繊細なデザインの場合でも造形物を破損させることなく、簡単にサポート材を除去できる。同社が業務用インクジェットプリンタ分野でイノベーターとしてけん引してきたサイングラフィックス市場、インダストリアルプロダクツ市場に向け、同製品を活用したビジネス提案を行う方針だ。

ミマキエンジニアリングが2017年11月から販売を開始するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」 ミマキエンジニアリングが2017年11月から販売を開始するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」

Mimaki技術をフル活用した期待の3Dプリンタ、その実力は?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.