ニュース
» 2017年09月13日 09時00分 公開

東芝クライアントソリューション DE100:dynabook仕込みの高密度実装、Core M搭載の産業用PC

ノートPC「dynabook」開発で培った高密度実装技術で、手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載したタフな産業用PCを東芝が販売開始。機器監視やウェアラブルデバイスの接続母艦、エッジコンピューティングデバイスなどさまざまな用途が想定される。

[渡邊宏,TechFactory]

 東芝クライアントソリューションは保守現場や工場生産ラインなどの生産性向上に貢献する、小型エッジコンピューティングデバイス「DE100」を2017年9月下旬より販売開始する。ノートPC「dynabook」などで培った高密度実装技術により、小型ボディーに第6世代Core Mプロセッサなどを搭載しており高い処理能力を持つ。

東芝クライアントソリューション「DE100」 東芝クライアントソリューション「DE100」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.