ニュース
» 2017年09月12日 08時00分 UPDATE

ルネサス RAA462113FYL:月明かりでもフルカラー撮影、4K対応の800万画素ハイエンドCOMS

ルネサスがネットワーク監視カメラ向け4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」のサンプル出荷を開始した。800万画素を超えるハイエンド製品で、AFやHDRなどの機能を有したモジュールも後日提供する。

[渡邊宏,TechFactory]

 ルネサス エレクトロニクスは2017年8月30日、ネットワーク監視カメラ向けの4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」を開発、サンプル出荷を開始すると発表した。ハイエンド製品と位置付けられており、量産開始は同年12月を予定する。

 ネットワーク監視カメラは交通機関や商業施設、金融機関などでの導入が進んでおり、利用される環境もさまざまである。新製品は「月明かり程度の明るさ」(同社)でもフルカラーでの撮影が可能であり、加えて、最大3840×2160ピクセルの4K画像を60fpsで出力しており、電子ズームをしても視認性が損なわれにくいという特長も持つ。

4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」の特徴 4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」の特徴

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.