ニュース
» 2017年09月04日 07時00分 UPDATE

高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC):IoT時代に求められるITインフラ技術者を育成、NTTコムやCTCなど6社

NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、KDDI、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は、IoT時代のITインフラを支える人材育成に向け、「高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)」を設立し、活動を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]

 IoT(Internet of Things)のビジネス利活用が進む中、適切にITインフラを運用および管理していくためには、従来のハードウェア関連スキルに加え、ソフトウェア関連スキルを備えた人材の確保が不可欠である。しかし、そうした人材の多くは通信事業者などのICT関連企業に集中しており、その数も極めて限定的であるという。そのため、今後ITインフラを運用、管理できる人材に対するニーズはさらに高まっていくことが予想される。

 このような状況を受け、NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、KDDI、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は、IoT時代のITインフラを支える人材育成に向け、「高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC:Advanced IT Architect Human Resource Development Council)」を設立。2017年8月28日から活動を開始している。


ITインフラを運用、管理ができる人材を育成するAITACの活動

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.