ニュース
» 2017年08月30日 15時00分 UPDATE

富士通エフ・アイ・ピー TradeFront/6G:製造業などへの展開を見据えたEDIクラウドサービス

富士通エフ・アイ・ピーは、流通業界を中心に製造業などへの展開を見据えたEDIクラウドサービス「TradeFront/6G」を発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 富士通エフ・アイ・ピーは2017年8月、流通業界を中心に製造業などへの展開を見据えたEDIクラウドサービス「TradeFront/6G(トレードフロント シックスジー)」を発売した。サービスの提供開始は2017年11月を予定する。


 「TradeFront/6G」は、小売約250社、卸・メーカー約3万社に利用されている企業間EC/EDIサービス「TradeFrontシリーズ」の後継サービスである。従来の流通BMS(Business Message Standards)の基本機能を継承しながら、システムをクラウド基盤上に搭載し、機能強化を行ったものだ。

 新規の取引先との接続を追加する際、従来はシステムエンジニアが取引先の登録を行っていたが、顧客自身が簡単に取引先の追加登録から接続テストまで行える「セルフサービス機能」を追加している。

 さらに、富士通グループのデータセンター間閉域網と接続されるため、同データセンター内に基幹システムなどがある企業は、新たにネットワークを敷設することなく、短期間・低コストで接続が可能となる。また、閉域網に接続されている各種サービスも簡単に利用できるという。

「TradeFront/6G」の機能概要 出典:富士通エフ・アイ・ピー 「TradeFront/6G」の機能概要 出典:富士通エフ・アイ・ピー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.