ニュース
» 2017年08月29日 09時00分 UPDATE

クアルコム サンダーソフト:クアルコムが「モジュール」でIoT機器の市場投入を加速させる

SnapDragonでスマートフォンの世界で大きな存在感を持つクアルコムが、本格的に「IoTの世界」へ参入する。参入の切り札は機器に応じた「モジュール」だ。

[渡邊宏,TechFactory]

 スマートフォン向けSoC(Systemo On Chip)で大きなシェアを持つクアルコムが、本格的に「IoTの世界」へ参入する。既に産業機器やIoTデバイスを対象としたSoC「Snapdragon 410E」「Snapdragon 600E」を販売しているが、加えて、組み込みソフトウェアのサンダーソフトと協業することで製品の市場投入を加速させる考えだ。

photo クアルコムのSnapDragon 801を搭載したSOM(System On Module)である、サンダーソフトの「TurboX Drone SOM 187」とTurboX Drone SOM 187を搭載したドローン

「モジュール式」でIoT機器の開発を加速させる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.