ニュース
» 2017年08月24日 07時00分 UPDATE

オムロン i-BELT:製造現場の“知能化”を加速させるIoTサービス基盤を立ち上げ

オムロンは、モノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させることを目的に、制御と情報を融合し、製造現場の“知能化”を加速させるIoTサービス基盤「i-BELT」の立ち上げを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 近年、製造現場を取り巻く環境は大きく変化している。例えば、製品の高機能化やデザインの多様化/高品質化の進展により、製造現場では組み付けの高精度化や生産性向上といった課題を解決しながら短期間で生産ラインを立ち上げ、大量生産することが望まれている。

 そのため、製造現場ではAIやIoT、ロボティクスなどの技術革新を取り入れた“新たな自動化”に大きな期待が寄せられているわけだが、実際のところIoTを活用した具体的な生産性の向上や高度化はまだ進んでおらず、理想と現実のギャップが生じている。

 そこで、オムロンはモノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させることを目的に、制御と情報を融合し、製造現場の“知能化”を加速させるIoTサービス基盤「i-BELT」を発表。2017年10月に、誰もが簡単にIoT技術を活用した新たなモノづくりに取り組めるサービス基盤として立ち上げるという。

 同社は、「integrated(制御進化)」「intelligent(知能化)」「interactive(人と機械の新しい協調)」という3つの“i”からなる戦略コンセプト“i-Automation!”の下、製造現場の革新に取り組んでいる。今回のi-BELTは“i-Automation!”実現のカギとなるモノづくり現場のintelligent(知能化)を推し進めるものであり、顧客企業各社とともに現場の知能化を加速させ、生産性と品質の向上につなげたい考えだ。


データ分析の結果を制御アルゴリズムに反映し、匠の技を再現

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.