ニュース
» 2017年08月01日 15時00分 UPDATE

DMG森精機:業界初、マシンバイスとサブテーブルを一体化した「ビルトインバイス」を発売

DMG森精機は、マシンバイスとサブテーブルを一体化した「ビルトインバイス」を発売した。テーブル一体型バイスの製品化は「業界初」(同社)だという。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 DMG森精機は2017年7月、マシンバイスとサブテーブルを一体化した「ビルトインバイス」を発売した。テーブル一体型バイスの製品化は「業界初」(同社)だという。

 ビルトインバイスは「マシンバイス」と「サブテーブル」の一体化により加工空間を有効活用することを目指した汎用治具システムである。2016年11月からDMG森精機とナベヤが協業し開発を進めてきた。

 従来の「テーブルの上にバイス」という考え方から「テーブル自体にバイスを組み込む」という発想を採用し、Z軸方向で1.6倍、体積で2.7倍の加工範囲拡大を実現したという。

ビルトインバイスの実物イメージ 出典:DMG森精機 ビルトインバイスの実物イメージ 出典:DMG森精機

 下に沈み込ませるようなワークの固定方法により、重切削における安全性や精度向上を実現している。また、重量を従来の8分の1以下となる10kgにまで削減し、段取りの際の取り扱いも容易化している。

 対象ワークは、軽・中切削加工でできる角物、板物ワークとする。また、各種オプション部品を活用することで、より変種変量生産の高効率化に貢献可能としている。

ビルトインバイス搭載イメージ 出典:DMG森精機 ビルトインバイス搭載イメージ 出典:DMG森精機

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.