ニュース
» 2017年07月24日 08時00分 UPDATE

リコー RICOH Open Remote Services:産業機器を遠隔監視、リコーがIoTと保守ノウハウを生かした構築サービスを提供

リコーは、IoT技術やビッグデータ活用、保守サービスのノウハウを提供することで、産業機器を製造している顧客のビジネスを支援する「RICOH Open Remote Services」を発表。第1弾として、検査機器や加工装置などの産業機器を遠隔監視できるリモート環境の構築サービスの提供を2017年9月15日から開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 リコーは2017年7月6日、IoT(Internet of Things)技術やビッグデータ活用、保守サービスのノウハウを提供することで、産業機器を製造している顧客のビジネスを支援する「RICOH Open Remote Services」を発表した。その第1弾として、検査機器や加工装置などの産業機器を遠隔監視できる、リモート環境の構築サービスの提供を同年9月15日から開始する。

RICOH Open Remote Services RICOH Open Remote Servicesの特長(出典:リコー)

 第1弾のリモート環境の構築サービスでは、機器の稼働状態監視、リモート検針(利用量確認)、ファームウェア更新、稼働状況レポートを、顧客が提供する機器、導入先の通信環境およびビジネス環境に合わせて構築する。

リコーのノウハウが詰まったリモート環境構築サービス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.