ニュース
» 2017年07月19日 08時00分 UPDATE

EcoStruxure Augment Operator Advisor:最短1カ月で導入可能、ARで保守作業を効率化するソリューション

シュナイダーエレクトリックはAR技術を用いて、生産現場の保安作業を効率化するソリューションを提供する。保守作業時のマニュアル参照や手順指示にAR技術を投入することで人的ミスの削減も狙う。

[渡邊宏,TechFactory]

 シュナイダーエレクトリックはAR技術を用いて、生産現場の保安作業を効率化するソリューション「EcoStruxure Augment Operator Advisor」(以下、シュナイダーARアドバイザー)を発売する。販売は同社グループ会社のデジタルが2017年8月末より開始する。

 タブレット端末と製造現場に多く導入されている表示器(HMI)を用いるもので、対応機HMIが既に導入されている場合の費用は180万円からとなり、最短約1カ月と短期間での導入が可能だ。

EcoStruxure Augment Operator Advisorを利用した制御盤の保安作業例 EcoStruxure Augment Operator Advisorを利用した制御盤の保安作業例。制御盤をタブレットのARアプリを通じてみると、内部の状態が表示される

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.