ニュース
» 2017年07月13日 15時00分 UPDATE

タンガロイ DoTriple-Mill:平面加工用カッター向けM級インサートを追加

タンガロイは、平面加工用カッター「DoTriple-Mill」向けM級インサート3タイプを発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 タンガロイは2017年6月、平面加工用カッター「DoTriple-Mill(ドゥートリプル・ミル)」向けM級インサート3タイプを発売した。価格は四角形の「SNMU1307ANEN-MJ AH3135」が1599円、八角形の「ONMU0507ANEN-MJ T3225」が1718円、丸駒の「RNMU1307ZNER-MJ T1215」が1804円となる。

 DoTriple-Millは、四角形、八角形、丸駒の3タイプのインサートに対応する平面加工用カッター。インサートのクランプ強度を高めるダブテイルクランプ構造を採用し、効率的な加工作業が行える。同社はこれまでG級インサートを提供しているが、今回新たにM級インサートを追加した。

photo

 四角形のSNMUタイプは2mmの正面切れ刃を持ち、荒加工から仕上げ加工まで対応する。切りくず処理性に優れ、特にステンレス鋼の加工で安定した加工ができる。八角形のONMUタイプは、SNMUタイプと同じ正面切れ刃形状を備え、処理性に優れた切りくずを生成する。また、丸駒のRNMUタイプは高い切れ刃強度を特徴とし、切り込み変動の大きい加工に対応。低切り込み時には、高送りによる高能率加工ができる。

 M級インサートは、従来材種のAH3135/AH120に加え、新CVD材種のT3225/T1215を用意している。T3225はステンレス鋼と鋼、T1215はダクタイル鋳鉄とねずみ鋳鉄の高速高能率加工に適している。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.