ニュース
» 2017年07月07日 08時00分 UPDATE

トヨタ自動車/ISID:トヨタ、2017年度中にVRを用いた遠隔地3D車両情報共有システムの実証実験を開始

トヨタ自動車は、離れた拠点間の従業員同士が仮想空間上で、実物大のリアルな車両モデルを共有し、コミュニケーションを図ることができる遠隔地3D車両情報共有システムのプロトタイプを、電通国際情報サービス(ISID)とともに開発した。

[八木沢篤,TechFactory]

 自動車の高機能化、複雑化が急速に進む昨今、車両の特長や構造を分かりやすく関係者に共有するための教育は、自動車業界にとって重要なテーマの1つであるという。中でも海外かつ多数の拠点を対象とした教育には、地理的制約などから多大なコストと時間を要し、効率的で効果的な教育環境の実現が求められていた。

 こうした現状を受け、トヨタ自動車は世界中の同社拠点の従業員が、いち早く車両に搭載された新しい技術を仮想体験できる、VR(Virtual Reality:仮想現実)を活用した遠隔地3D車両情報共有システムのプロトタイプを、電通国際情報サービス(ISID)とともに開発。新車両への理解を深め、サービス向上につなげる考えである。


遠隔地3D車両情報共有システムの利用イメージ 遠隔地3D車両情報共有システムの利用イメージ

3Dゲーム技術と設計データを連携し、リアルな3D車両をHMDで再現

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.