特集
» 2017年07月04日 09時00分 UPDATE

Intel Go:日本国内の自動運転へ「積極的に取り組む」、インテルの持ち札

インテルは「自社半導体をどう使ってもらうか」という用途提案を強めており、自動運転もその有力な範囲の1つである。日本国内の自動運転について「積極的に取り組む」という同社の持ち札とはなにか。

[渡邊宏,TechFactory]
インテル社長の江田麻希子氏 インテル社長の江田麻希子氏

 2017年1月に行われた「CES 2017」にて、最高経営責任者がVRや自動運転、5Gネットワークへの取り組みをアピールしたIntel。ムーアの法則に沿ったコンピューティングパワーの増大を前面に押し出すのではなく、自社の半導体をどう使ってもらうかという用途提案型にスタンスを変えてから間もなく半年を迎えるが、最も熱い領域の1つである自動運転については国内外ともに積極的な投資を継続する考えだ。

 インテル社長の江田麻希子氏はかねてより同社の方向性について「データにまつわる全てに関わる“データカンパニー”になりたい」と述べており、具体的な注力分野としては「自動運転」「AI」「IoT」「5G」「VR/e-スポーツ」を挙げている。自動運転については、単純なECUの能力アップだけでは実現せず、分散型から統合型へのアーキテクチャ変化も伴うとしており、同様の変化をコンピューティング分野で経験した自社の知見が、自動運転技術の発展と実現に寄与するだろうと自信を見せる。


インテルの「具体的」な自動運転への取り組み

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.