ニュース
» 2017年06月30日 12時00分 UPDATE

Watson for Oncology:Watsonが提案するがんの治療法、専門家グループの判断と最大96%一致

米IBMは、がん診断支援システム「Watson for Oncology」と治験マッチングシステム「Watson for Clinical Trial Matching(CTM)」の臨床的有用性を実証するデータを発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 米IBMは2017年6月1日(現地時間)、がん診断支援システム「Watson for Oncology」と治験マッチングシステム「Watson for Clinical Trial Matching(CTM)」の臨床的有用性を実証するデータを発表した。推奨治療法についてWatsonと腫瘍委員会による結果が最大96%の症例で一致したほか、治験の被験者選択時間を78%短縮したことを実証した。

 Watson for Oncologyは、米Memorial Sloan Kettering Cancer Centerの腫瘍医によるトレーニングを受けた自然言語処理を利用して、患者の構造化・非構造化データを取り込むコグニティブコンピューティングシステム。ガイドラインや医療文献、症例によるトレーニングから推論を実施し、考慮対象となる治療の選択肢を提供する。


 CTMに関する検証では、2620人の肺がん・乳がん患者のデータを治験マッチングシステムのCTMで処理し、治験に適した患者の選択時間を調査。Novartisが提供した治験実施計画書をCTMが自然言語処理機能を利用して読み込み、計画書の選択/除外基準に対してカルテと医師の記録からデータを評価した。CTMは全体の94%に上る不適格者を自動的に除外するため、被験者の選択時間を従来の1時間50分から24分に短縮した。

 また、Watson for Oncologyによる推奨治療法について、腫瘍委員会等による推奨治療法との一致率を発表した。インドのManipal Comprehensive Cancer Centreの研究調査で示された腫瘍委員会による推奨との比較では、肺がんの症例に対して96%、結腸がんに対して81%、直腸がんに対して93%の一致率を達成。タイのBumrungrad International Hospitalの腫瘍医による推奨との比較では、複数のタイプのがんに対する推奨治療法に関して83%が一致、韓国のGachon University Gil Medical Centreの腫瘍委員会との比較では結腸がんの症例で73%が一致した。

 これまで、乳がんや肺がん、大腸がん、子宮頸がん、卵巣がん、胃がんの治療支援に対応していたが、今回新たに前立腺がんを追加。2017年末までに、世界のがん発生の8割に相当する約12種類のがん治療支援での利用が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.