ニュース
» 2017年06月28日 12時00分 UPDATE

村田製作所 DLW32SH_XKシリーズ:CAN用3225サイズのコモンモードチョークコイル

村田製作所は、車載制御系インタフェースCAN(Controller Area Network)向けに、3225サイズ(3.2×2.5mm)のコモンモードチョークコイル「DLW32SH_XK」シリーズを発表した。最大125℃の温度に対応する。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

小型3225サイズ

コモンモードチョークコイル「DLW32SH_XK」シリーズ コモンモードチョークコイル「DLW32SH_XK」シリーズ

 村田製作所は2017年5月、車載制御系インタフェースCAN(Controller Area Network)向けに、最大125℃の温度に対応するコモンモードチョークコイル「DLW32SH_XK」シリーズを発表した。3.2×2.5mmの3225サイズにより、自動車の電子制御機器の小型化に対応する。

 自動車には複数の電子制御機器が搭載され、機器間のデータのやりとりはCANを通じて行われている。現在、CANには4532サイズ(4.5×3.2mm)のコモンモードチョークコイルが使用されているが、同社独自の巻線技術を活用し、新たに小型の3225サイズを開発した。


 DLW32SH_XKシリーズは、高周波帯域で高インピーダンスを実現し、広い周波数帯域で優れたノイズ除去効果を発揮する。定格電流は150〜300mA、定格電圧は80Vdc、使用温度範囲は−40〜125℃。量産開始は同年7月からを予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.