ニュース
» 2017年06月27日 09時00分 UPDATE

パナソニックCNS社:「ソリューションでやっていくと決めた」パナソニックCNS社 樋口社長

創業地である大阪を離れ、東京への本社移転を示したパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社。樋口社長は顧客ありきの姿勢を鮮明にし、ソリューションビジネスを強める方針である。

[渡邊宏,TechFactory]
photo パナソニックコネクティッドソリューションズ社 社長 樋口泰行氏

 「門真発想では限界がある」と創業地である大阪を離れ、東京への本社移転を示したパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社。2017年4月1日付人事でパナソニックの専務役員に就任し、CNS社の社長も務める樋口泰行氏は「顧客の困り事を解決するカンパニーにならなくてはならない」と、本社移転も「顧客ありき」の姿勢を鮮明に打ち出す施策の一環であるとした。

 樋口氏は1980年にパナソニック(旧松下電器産業)に入社後、ボストン・コンサルティングやアップル、日本ヒューレットパッカード(HP)、ダイエーなどを経て、日本マイクロソフトの社長を10年務めた経歴を持つ。「外資系は疲れるからこれからはスローライフかな」(樋口氏)と一線を退くことも考えたと言うが、請われてのパナソニック復帰となった。


パナソニックの「B2Bビジネス」を明確に

 復帰に際して掲げるのは、「確固たるB2Bビジネスのビジョン」と「変革の方向性」の2つである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.