ニュース
» 2017年06月15日 15時00分 UPDATE

オークマ 新GENOS Lシリーズ:多品種少量から量産加工まで対応する小型の1サドルCNC旋盤をグローバル展開

オークマは、グローバル戦略機種として、小型の1サドルCNC旋盤「新GENOS L」シリーズを発表。4機種を展開し、多品種少量から量産加工まで幅広く対応する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 オークマは2017年5月、グローバル戦略機種として、小型の1サドルCNC旋盤「新GENOS L」シリーズを発表した。4機種を展開し、多品種少量から量産加工まで幅広く対応する。

 「GENOS L250II、L400II」は、切削加工に特化することで機械幅をクラス最小の1482mmに抑えた。コストを抑えつつ、量産ラインの最短化を図ることができる。


 高機能、高性能志向の「GENOS L2000/L3000」は、シンプルながらも複合加工機能を備える。高精度旋削加工能力が強化されており、生産リードタイムの短縮に寄与する。新興国などでの需要を期待するという。

 4機種とも長時間でも安定して稼働できる機械構造や、別置式クーラントタンクを採用することでメンテナンス性を向上させるなど、トータルの生産性を追求している。また、新世代知能化CNC「OSP suite」を標準装備し、IoT(モノのインターネット)を活用したスマートな生産システムへの展開も可能だ。

「新GENOS L」シリーズ 「新GENOS L」シリーズ(出典:オークマ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.