ニュース
» 2017年06月14日 07時00分 UPDATE

IDC Japan 国内IT市場規模予測:製造業、金融業は低い成長率で推移、2017年の国内IT支出は通信分野以外はプラス

IDC Japanは、国内IT市場における産業分野別/企業規模別の市場規模予測(2017〜2021年)を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 IDC Japanは2017年6月2日、国内IT市場における産業分野別/企業規模別の市場規模予測(2017〜2021年)を発表した。

 2017年の国内IT市場規模は、前年比成長率2.0%の14兆9891億円になる見通しだという。国内経済は一部地域で回復が遅れているため、システム刷新や新規開発を抑制する企業が依然として多いとみられるが、スマートフォン分野での需要拡大により、2017年のIT支出全体はプラス成長になるとしている。

 今後、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、多くの企業で投資の活性化が進むと予想。2020年1月には「Windows 7」がサポート終了を迎え、PCの更新需要が見込まれる。また、2019年10月に延期された「消費税増税」対応を目的とした関連システムの刷新/改修も進むとみられ、2019年までは高い成長率で推移していくものと考えられる。しかし、2020年以降は、前年までの積極的なIT支出の反動により、国内IT市場全体で1%未満の低い成長率にとどまるとみられる。


産業別では通信分野以外はプラス成長! ただし製造業、金融業は……

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.