ニュース
» 2017年06月10日 09時00分 UPDATE

TechFactory通信 編集後記:「LiveWorx 2017」を振り返る

CAD、PLMの重要性とは?

[八木沢篤,TechFactory]
TechFactory通信 編集後記

この記事は、2017年6月5日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


 米国マサチューセッツ州ボストンで開催された、PTCのユーザーカンファレンス「LiveWorx 2017」(会期:2017年5月22〜25日)の取材に行ってきました。世界中から約5000人が来場した同イベントでは、製造業における「IoT」や「AR」の活用、そしてスマート工場の実現に向けた可能性について、キーノートや多数のテクニカルセッションなどで見聞きすることができました。

photo

 さて、PTCといえば3D CADとPLMを主力事業とする会社です。正式名称「Parametric Technology Corporation」からも分かるように、同社は3D CAD事業からスタートしました。ロシアの数学者であったSamuel Geisberg博士がComputervisionからスピンアウトをして、1985年にPTCを設立。1988年に「Pro/ENGINEER」の最初のバージョンをリリースし、その後さまざまな機能拡張が行われ、2010年に現在の主力3D CADソフトウェア「Creo」が発売されました。


 一方のPLMについては、1998年にWindchill Technologyを買収し、業界に先駆けてWebベースのPLMソフトウェア「Windchill」をリリースしました。実は、Windchill Technologyの創業者だったのが、現在のPTC 社長兼CEO(最高経営責任者)のJames E. Heppelmann氏なのです。機械エンジニアだったHeppelmann氏はCAD/PLMで起業し、Windchill Technologyを創設。1998年の買収以降は、PTCでCTO(最高技術責任者)、COO(最高執行責任者)を歴任し、2010年にエンジニア出身として初めてCEOに就任して現在に至ります。

「LiveWorx 2017」を振り返る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.