ニュース
» 2017年06月08日 08時00分 公開

富士通 FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS:生産現場の工程と一体化できるデジタル生産準備ツール、IoT化の促進にも貢献

富士通は、デジタルプロセスが開発したデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」の新バージョンの販売を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 富士通は2017年5月30日、デジタルプロセスが開発したデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS(Virtual Product and Process Simulator)」(以下、VPS)の新バージョンの販売を、同年6月1日から開始すると発表した。

 VPSは、CADで設計した製品の3Dモデルデータを活用し、製品組み立て時の工程検討、製造ラインのレイアウト検討、製造用ドキュメント作成、生産設備の制御ソフトウェア検証といった、生産準備に必要となる業務をカバーし、スムーズな量産立ち上げを支援するパッケージソフトウェアである。


 新バージョンでは、設計変更や現場カイゼンにより、常に変化する組み立て工程情報を正確かつ短時間に作成、最新化するために、組み立て動画作成機能と設計変更対応機能の強化を図った。また、VPSで作成された組み立て手順や工程フローなどを生産現場で活用するための「製造指示Viewer」も提供。製造指示Viewerと、ピッキングシステムや使用する工具などを連携させることで、作業実績情報の収集も行えるという。

VPS製品構成 VPS製品構成(出典:富士通)

常に変化する組み立て工程情報をタイムリーに更新

 今回、生産で使われる技術文書(作業指示書など)に利用する動画や静止画を作成するために、分かりやすい視点に自動的に切り替える機能や、工程情報を注記として一括自動挿入する機能を追加した。さらに、設計変更対応機能に差分形状表示や色分け機能を追加したことで、組み立て工程情報を正確かつ短時間に作成することが可能となり、組み立て工程情報の最新化が常に行えるようになった。

組み付け対象部品を自動的に拡大表示 組み付け対象部品を自動的に拡大表示(出典:富士通)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.