ニュース
» 2017年05月30日 08時00分 UPDATE

東京エレクトロン デバイス Connexon:IoTアプリ開発を5分の1の工数で、東京エレがIoT開発を加速

東京エレクトロン デバイスが、IoTゲートウェイなどで必要とされるデータ処理用アプリケーションをGUI操作で生成するクラウドサービス「Connexon」を提供する。

[渡邊宏,TechFactory]

 東京エレクトロン デバイスはIoTゲートウェイなどIoTにおけるデータ処理機器のアプリケーションを、コンポーネントを組み合わせるだけのGUI操作で生成するクラウドサービス「Connexon」を2017年7月より提供する。


「Connexon」の概念図 「Connexon」の概念図

 製造機器に搭載されているモーターを監視して予兆保全を行うなどといったIoTシステムを構築する際、重要なポイントの1つが「データをどう扱うか」「データを処理するアプリケーションをどう開発するか」である。単純につなげるだけならば通信の問題(プロトコルや無線規格など)で解決するが、データをどう処理するかのアプリケーションについては、案件に応じた個別開発が求められている。

 Connexonはこの個別開発が必要とされていた領域に向け、クラウドを用いた開発ツールとして提供される。クラウドにデータの扱いに必要な機能があらかじめコンポーネント化されており、それらを画面上の操作で組み合わせていくだけで、従来はフルスクラッチが必要であったアプリケーションが開発される。

「Connexon」の開発画面(出典:東京エレクトロン デバイス) 「Connexon」の開発画面(出典:東京エレクトロン デバイス)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.