ニュース
» 2017年05月25日 12時00分 UPDATE

IDT ZMID520x:磁石不要のインダクティブ式ポジションセンサー

IDTは、インダクティブ方式ポジションセンサー「ZMID520x」ファミリーを発表した。アナログ出力の「ZMID5201」、パルス幅変調方式(PWM)出力の「ZMID5202」、SENTプロトコルで出力する「ZMID5203」の3種をそろえた。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 IDTは2017年4月、インダクティブ方式ポジションセンサー「ZMID520x」ファミリーを発表した。アナログ出力の「ZMID5201」、パルス幅変調方式(PWM)出力の「ZMID5202」、SENT(Single Edge Nibble Transmission)プロトコルで出力する「ZMID5203」の3種をそろえている。

 ZMID520xは、プリント基板上のコイルと金属ターゲットを採用し、従来必要だった磁石を不要にした。EMIなどの原因となる寄生磁場の影響を受けることもない。AEC-Q100規格に準拠し、ISO26262のASIL-Bの要件を満たす安全関連システムへの組み込みにも対応している。


インダクティブ方式ポジションセンサー「ZMID520x」 インダクティブ方式ポジションセンサー「ZMID520x」

 コイルは送信用コイルと2つの受信用コイルで構成され、水平/垂直方向のずれに対応する。また、回転するシャフトの先端やサイドシャフト、リニア、アーク運動など、最小角度から360度までの回転を検知できる。動作温度は最大150℃。3本の配線のみでセンサーICをプログラムできる。

 同社では、車載機器、産業用装置、コンシュマー機器などでの用途を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.