Special
» 2017年05月18日 10時00分 UPDATE

Webセミナー:部品表を主体とした製品開発の重要性

[PR/TechFactory]
PR
部品表を主体とした製品開発の重要性

Webセミナーの見どころ

 現在、多くの設計現場では、成果物を図面主体で管理してしまっているために、設計開発プロセスが滞っていることが、共通の課題となっています。さらに、製品がIoT対応になればなるほど、メカ設計、電気設計、組み込みソフトウェア開発、そしてIT部門との業務連携が、ますます複雑化します。

 そのような状況下で、設計製造プロセスや業務オペレーションは、これまでの製造企業が経験したことのない、厄介な課題を抱えることになります。そのような問題を解決し、製品開発プロセスを効率化する必要性が、今まさに求められています。

 本セミナーでは、部品表を主体とした製品開発の仕組みを、実際の導入事例を交えながらご紹介いたします。

日時 2017年6月1日(木)18:00〜18:30
形式 Webセミナー
受講料 無料(事前登録制)
プログラム
18:00〜18:30 テーマ:「部品表を主体とした製品開発の重要性」 
<講師> 
PTCジャパン株式会社 
製品事業部 ePLM営業技術部 フェロー 
アプリケーション スペシャリスト 
松本智久氏
受講者要件 本Webセミナーは「マネージャー職以上」が対象となります。また、競合と見なされる一部企業からのお申込みはお断りさせていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。
主催 PTCジャパン

セッションスピーカー

PTCジャパン株式会社 製品事業部 ePLM営業技術部 フェロー アプリケーション スペシャリスト 松本智久氏

PTCジャパン株式会社 
製品事業部 ePLM営業技術部 フェロー 
アプリケーション スペシャリスト 松本智久氏

1999年より「Windchill」の営業技術として活動。製品バリエーション管理、コンポーネント&サプライヤー管理、ECAD連携を中心に、PLM全般の提案、概念実証、実装の支援に従事する。



受講申し込み(事前登録)はこちら

※申し込み上限数に達したため、受付を終了致しました(2017/5/29)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:PTCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2017年5月31日