ニュース
» 2017年05月12日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:工場の安定稼働に配慮したセキュリティ対策の考え方

工場内にある生産設備や制御機器をサイバー攻撃からどう守るべきか? 工場ならではの特殊事情を加味したセキュリティソリューション導入の秘訣(ひけつ)とは。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『セキュリティリスクから工場/生産ラインをどう守る?』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

セキュリティリスクから工場/生産ラインをどう守る?

セキュリティリスクから工場/生産ラインをどう守る?

 工場におけるセキュリティインシデントを考える際、マルウェアの侵入や不正アクセスの経路となり得るのが、「ネットワーク境界」「USBメモリ」「持ち込み端末」である。

 オフィス環境であれば業務で利用するPCやサーバなどに、一般的なセキュリティ対策ソフトウェアを導入し、パターンファイルをしっかりと更新していれば済むかもしれないが、安定稼働を何よりも重視する工場環境ではそうもいかない。

 ソフトウェアの追加導入やプログラムの更新などが、生産ラインの制御をつかさどる機器に与える影響(パフォーマンス低下など)が懸念されるため、しっかりと検証したものでなければ導入することが難しい。

 しかし、工場におけるIoT導入や見える化が進み、オープンネットワーク技術や汎用OSなどが利用されるケースも増え、工場におけるセキュリティリスクは高まるばかりだ。そのような中、セキュリティベンダーのトレンドマイクロはどのような工場向けセキュリティソリューションを提案しているのか。詳しく紹介しよう。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された特集「今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク」の「生産ラインの安定稼働を維持したまま、セキュリティリスクに備えるには?」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.