連載
» 2017年05月09日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:「組み込みAI」実現に向けた半導体ベンダーの施策

AIの活用がさまざまな領域で進もうとしており、それは強大な計算力を持てない組み込み開発領域でも変わりません。「組み込みAI」とも呼べる技術の実装に向け、半導体の巨人であるインテルも本腰を入れています。

[TechFactory]

 さまざまな領域での活用が見込まれている人工知能(AI)ですが、それはクラウドのような強大な計算力を使えない組み込み機器であっても無縁ではありません。

 AIの捉え方、実装の仕方にもよりますが、代表的なAI技術であるディープラーニングを組み込み機器で利用しようと考えた際、「学習はクラウドなど強大なコンピューティングパワーを持つところで行い、推論は即時性の高い判断が求められるエッジデバイス側で行う」というアプローチには説得力があるように思えます。

 このアプローチにおいて、エッジデバイス側のFPGA利用を推進するのがアルテラを買収したインテルです。組み込み開発者向けデバイスであったFPGAをAI実行のデバイスとして訴求しようとするインテルの施策について、担当者に話を聞きました。

photo 「インテル AI Day」で講演する、Intel Programable Solutions Groupのディレクター Bernhard Friebe氏。Friebe氏はアルテラにてFPGAソリューションの開発などに従事した経験を持つ

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された「インテルとAIとFPGAの関係、「組み込みAI」普及の施策 」をもとに製作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.