特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
ニュース
» 2017年05月09日 07時00分 UPDATE

『つながる世界の開発指針』の実践に向けた手引き[IoT高信頼化機能編]:安全なIoT製品を開発するために必要な機能を解説、IPAが手引書公開

IPA/SECが安全性の高いIoT機器やサービスを開発する際に必要となる技術要件をまとめた手引書を公開した。主に「信頼性の高いIoT機器/システムの開発には、どのような機能が必要か」「リスクの洗い出しとリスク対応に必要な機能の紹介」といった内容から構成されている。

[渡邊宏,TechFactory]

 情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)は2017年5月8日、IoTデバイスの安全性担保に向けた手引書である「『つながる世界の開発指針』の実践に向けた手引き[IoT高信頼化機能編]」を公開した。

 この手引書は、IPA/SECが2016年3月に公開した「つながる世界の開発指針」で取り上げた指針の中で技術的な対策が必要となる部分を具体化し、機器ならびシステム開発のセーフティ要件とセキュリティ要件、そしてこれらを実現する機能を解説したものとなる。

 公開された手引書は大きく分けて「信頼性の高いIoT機器/システムの開発には、どのような機能が必要か」「リスクの洗い出しとリスク対応に必要な機能の紹介」の2パートから構成されている。

photo 「リスクの洗い出しとリスク対応に必要な機能の紹介」に含まれる、戸締まり競合制御のユースケース(出典:IPA)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.