ニュース
» 2017年05月09日 08時00分 UPDATE

ARM Mali-C71:ARMから最大24ストップのダイナミックレンジ、車載向け画像処理プロセッサ

ARMが車載用画像処理プロセッサ「ARM Mali-C71」を発表した。ADAS向けSoCに最適化されており、非常に広いダイナミックレンジを持つ。ISO 26262やASIL-Dといった安全規格にも適合する。

[渡邊宏,TechFactory]

 ARMは先進運転支援システム(ADAS)に向けた、車載用画像処理プロセッサ(ISP:Image Signal Processor)「ARM Mali-C71」を発表した。2016年に買収したApicalの技術を用いた同社初の車載向け画像処理プロセッサであり、新たな画像処理プロセッサシリーズ「Mali Camera」の第一号製品でもある。

photo 「ARM Mali-C71」を用いたリアビュー(右)の例。24ストップのダイナミックレジを持つため暗がりにいる人物を写しだしている(出典:ARM)

 ADASにおけるカメラの重要性は高まっている。歩行者や障害物など検知するためはもちろん、運転車の状態確認や電子ミラーなどさまざまな用途が想定されており、高級車では10台を超えるカメラが搭載されることになるという予想もある。Mali-C71は車載カメラが一般化しつつある現状に向けてARMが投入する製品だ。

photo 車載カメラの複数搭載も進むと予想されており、適合したIPが求められている(出典:ARM)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.