特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
連載
» 2017年05月08日 09時00分 UPDATE

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(14):ソフトウェアは「完成してからが本番」でもある

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届けします。今回は、製造業におけるソフトウェアセキュリティ対策の考え方について取り上げたいと思います。

[宮田健,TechFactory]
宮田健の「セキュリティの道も一歩から」

 よく、「製造業はソフトウェアセキュリティ対策が遅れている!」といわれます。これは正しい指摘でもありますが、間違ってもいます。

 個人的には、製造業ほどソフトウェアセキュリティを正しく理解できる業界はないと思っています。製造業は生産ラインの安定稼働を維持し、工場を止めないためにさまざまな努力をしているはずです。そういう意味で、リスクを理解し、対策を行っている業界といえます。そのため、ほんの少しソフトウェアやサイバー攻撃に対する理解が進みさえすれば、あるべき対策が一気に進み、他の業界にとっても指針になり得るのではないかと期待しています。


» 連載バックナンバー

ソフトウェアに対する誤解

 そのために必要な理解の1つは――。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.