ニュース
» 2017年04月21日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:産業用オープンネットワーク「EtherCAT」とは?

トヨタ自動車が全面採用したことでも話題となった、産業用オープンネットワーク「EtherCAT」をご存じでしょうか? なぜ今注目を浴びているのか、その理由を分かりやすく解説します。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『5分で分かるEtherCAT』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

5分で分かる「EtherCAT」

5分で分かる「EtherCAT」

 「EtherCAT(イーサキャット)」とは、“Ethernet for Control Automation Technology”の略称です。自動制御システムにおけるコントローラーとI/Oデバイス間のデータ通信ネットワークとして、2003年にドイツのBeckhoff Automationにより開発されました。

 現在、EtherCATが注目されている背景には、インダストリー4.0やIoTなどの産業社会におけるデジタル化の時流だけではなく、EtherCATそのものの画期的なアーキテクチャや、EtherCAT協会の加盟企業による積極的な先進技術の追究に期待する要素も大きいといわれています。

 本ブックレットではEtherCATの成り立ちや特長、そして最新動向について詳しく解説します。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された特集記事「トヨタが全面採用を決めた『EtherCAT』とは何か」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.