ニュース
» 2017年04月13日 08時00分 UPDATE

サン電子 AceReal:産業機械のアフターサービス支援をARで、サン電子が安川電機と協力

ARを用いた業務効率化システム「AceReal」を手掛けるサン電子が安川電機と協力し、産業用機械メーカー向けのアフターサービス支援プラットフォームを提供する。

[渡邊宏,TechFactory]

 サン電子がスマートグラスを用いた、産業用機械メーカー向けのアフターサービス支援プラットフォームの開発に着手した。産業用ロボット大手の安川電機と協業し、同社が開発中であるAR(Augmented Reality)技術を用いた業務効率化システム「AceReal」の機能をベースに提供する。


photo サン電子が提供を予定する産業用機械メーカー向けのアフターサービス支援プラットフォームのイメージ(出展:サン電子)

 AceRealはサン電子が自社開発するスマートグラス、AR技術、業務支援ソフトウェア、クラウドサービス、コンテンツなどを一括して提供する業務効率化システム。スマートグラスにはイスラエルのLumusが有する光学技術、ARには同じくイスラエルのInfinity ARの技術を用い、サン電子がこれらを統合するソフトウェアやソリューションを手掛ける。現在、製造や医療、教育、アミューズメントなどさまざまな領域に向けての開発が行われている。

photo AceRealのスマートグラス(コンセプトモデル)とシステム概念図

 ARは眼前に広がる現実世界に映像やデータなどを付加することで現実を“拡張”することを目的とするため、医療や製造、現場作業といった領域での需要増が見込まれており、調査会社の米IDC Wolrd(以下、IDC)は2020年のARヘッドセット出荷台数を1400万台超と予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.