ニュース
» 2017年04月07日 15時00分 UPDATE

Altair HyperWorks 2017:電磁界解析やモデリングなど、多数の機能追加を果たしたCAEソフトの最新版

アルテアエンジニアリングは、CAEソフトウェアプラットフォームの最新版「HyperWorks 2017」を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 アルテアエンジニアリングは2017年3月、CAEソフトウェアプラットフォームの最新版「HyperWorks 2017」を発表した。最新版では、モデルベース開発ソリューションや電磁界解析、非線形構造解析、モデリング、マルチフィジックス解析、軽量設計、最適化などの分野で機能が追加された。


 モデルベース開発ソリューションとしては、コンセプトスタディー、制御システムの設計、システムパフォーマンスの最適化、コントローラーの実装/試験を含む「solidThinking Activate」「Compose」「Embed」の機能が追加された。

 電磁界解析/設計では、静的/低周波アプリケーション向けの「Flux」と、電波伝搬モデリング/無線ネットワークプランニング向けの「WinProp」を追加。電磁界解析ソフトFEKOの補完、アンテナ設計と配置、放射線障害、生体電磁気学に関する高周波EMシミュレーションを強化している。

「HyperWorks 2017」のイメージ 「HyperWorks 2017」のイメージ

 さらに、積層複合材、ハニカムコア、補強コンクリート、土、骨などさまざまな不均質材料の正確なモデリングを開発/シミュレーションするツール「Multiscale Designer」や、押出、鋳造、メタルフォーミングのプロセスシミュレーションをする製造ソリューションツール「solidThinking“Click2”」シリーズを搭載する。

 他にも、部品ライブラリや構成管理機能を拡張し、衝突解析で安全性を評価する機能を新たに実装した「HyperMesh」、HyperWorksソリューション内の全製品を効率的に管理/更新できる新たなデスクトップツール「ConnectMe」によって、モデル管理がより使いやすく、効率的になった。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.