ニュース
» 2017年04月07日 08時00分 UPDATE

ワコム タグキャスト InspectionPen:カメラとペンと位置情報で検査業務を効率化

ワコムとタグキャストが、カメラモジュール搭載デジタルペンと屋内位置情報システムを連動させた検査報告システムを開発した。カメラペンで撮影した画像に位置情報を付加し、タブレット上の図面に張り付けることができる。

[渡邊宏,TechFactory]

 工場内の設備管理や機材整備といった状態管理は、どんな現場であっても手間のかかる作業である。一部ではタブレットを導入してのIT化が行われているものの、指摘事項の撮影や図面照会、報告書作成といった扱う範囲の広さから、紙ベースでの作業を選択するケースが多いことも事実だ。

 ワコムとタグキャストが開発したカメラモジュール搭載デジタルペンと屋内位置情報システムを連動させた検査報告システムは、検査報告業務の迅速化と正確性を高めるシステムである。本システムを導入することで、「現場で指摘事項を発見したら撮影、その後デスクに戻ってPCへ画像取り込み、PCで画像を図面に配置」といったフローを現場作業だけで完結することが可能となる。


InspectionPen InspectionPen

 このシステムはワコムのカメラ搭載デジタルペン「InspectionPen Feel by Wacom」とタブレット端末、タグキャストのビーコンを用いた屋内位置情報システムで構成されている。InspectionPen Feel by Wacomとタブレットは15万円(税別)、屋内位置情報システムの利用には別途、ビーコン1個あたり月額500円(同)からの利用料が必要となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.