ニュース
» 2017年03月24日 08時00分 UPDATE

ヤマザキマザック OPTIPLEX 3015 DDL:DDL採用の次世代レーザー加工機の国内販売を開始――高速、省エネ、高品位加工を実現

ヤマザキマザックは、次世代レーザー技術であるDDL(Direct Diode Laser)を採用した新型レーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」の国内販売開始を発表した。

[TechFactory]

 ヤマザキマザックは2017年3月2日、次世代レーザー技術であるDDL(Direct Diode Laser)を採用した新型レーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」の国内販売開始を発表した。


 DDLは、現在主流のCO2レーザーやファイバーレーザーと比較して波長が短く、各種材料での熱吸収率が高い(反射率が低い)ことから、高反射材の切断や薄板、中板の高速切断に適しているという。また、DDLのエネルギー変換効率は、CO2レーザーの4〜5倍程度と省エネ性が高いことも特長として挙げられる。

DDL採用の新型レーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」 DDL採用の新型レーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」 ※出典:ヤマザキマザック

 OPTIPLEX 3015 DDLは、DDLの特長を生かした高速、省エネ加工に加え、レーザー光を制御するマルチコントロールトーチや各種インテリジェント機能による高品質かつ段取り時間を短縮した高効率な加工を実現する。さらに高速、高精度制御を実現する新開発のCNC装置「MAZATROL PreviewG」を搭載し、19インチの大型タッチパネルやエルゴノミクスデザインの採用により、操作性が向上しているという。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.