ニュース
» 2017年03月23日 12時00分 UPDATE

TDK MEM1005PPシリーズ:1005サイズのEMIフィルター、定格電流を3.5倍に

TDKは2017年3月7日、LC複合型のEMIフィルター「MEM1005PP」シリーズを発表した。従来品と比べて実装面積を約61%削減、定格電流は3.5倍の350Aを実現した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 TDKは2017年3月7日、LC複合型のEMIフィルター「MEM1005PP」シリーズを開発したと発表した。無線通信帯域を含む700MHz〜3GHzでは、30dB以上のノイズ除去特性を持つ。スマートフォンやタブレット端末でのRF受信回路でアンテナに干渉するノイズや、クロック信号のノイズ除去に適するという。


photo EMIフィルター「MEM1005PP」シリーズ

 TDKの担当者は、同シリーズの特長に「小型化」と「定格電流」を挙げる。インダクターとコンデンサーを1チップ化することで、従来品の1.6×0.8×0.8mmから1.0×0.5×0.35mmへと小型化した。実装面積を約61%削減し、部品点数の削減と省スペース化に貢献する。担当者は「小型、薄型化への要求が強くなるスマートフォンにも対応可能」と語る。

 定格電流は従来品の3.5倍となる350mAを実現。これらの特性実現は、独自の構造設計採用による成果としている。直流抵抗は従来比69%減の最大0.8Ω、動作温度範囲も−40〜85℃から−55〜125℃となったため、回路設計の自由度が上がるという。カットオフ周波数は250MHz(典型値)、定格電圧は最大10Vとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.