ニュース
» 2017年03月17日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:3Dプリンタ/3Dプリント材料の世界市場動向

矢野経済研究所が2016年12月、2017年1月に発表した3Dプリンタおよび3Dプリント材料の世界市場に関する調査レポート概要を基に、今後の市場動向を紹介する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『性能向上や新素材開発が「3Dプリンタ」市場の成長を後押し』をご紹介します!

3Dプリンタ世界市場を後押しする要因とは?

3Dプリンタ世界市場を後押しする要因とは?

 矢野経済研究所の調べによると、世界の3Dプリンタ出荷台数は、2013〜2019年までの年平均成長率(CAGR)は77.0%で推移し、2019年における出荷台数は215万台になる見込みだという。

 こうした3Dプリンタの成長を受け、3Dプリント材料市場も盛り上がりを見せている。同じく、矢野経済研究所によると、2015〜2020年までのCAGRは17.6%となり、2020年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は、2070億5300万円に達すると予測する。

 レポートでは、3Dプリンタ世界市場を後押しする要因、世界市場と日本市場の違い、造形方式別の3Dプリント材料市場の動向について、さらに詳しく紹介している。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載されたニュース記事「産業用3Dプリンタ市場が好調――性能向上、新素材開発がさらなる普及を後押し」と「『3Dプリンタ材料』の世界市場規模は、2020年に2000億円超へ」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.