ニュース
» 2017年03月09日 08時00分 公開

エヌ・ティ・ティ・コムウェア Deep Learning画像認識プラットフォーム:製品検査に画像認識導入、ディープラーニングで手軽に

NTTコムウェアがディープラーニングを利用した、製造業向けの画像認識プラットフォームを販売開始した。生産ラインの監視や検品といった、これまで熟練者の目視で確認していた業務を監視カメラとAIに刷新できる。既存システムとの連携も容易だとする。

[渡邊宏,TechFactory]

 エヌ・ティ・ティ・コムウェアが、ディープラーニングを利用した製造業向けの画像認識プラットフォームを販売開始した。これまで熟練者の目視で確認していた業務を監視カメラとAIのシステムに刷新することで、人手不足やコスト増に対応する。


photo

 この「Deep Learning画像認識プラットフォーム」は、NTTグループのAI「corevo」に含まれる「画像不適切度合い判定技術」「ディープラーニングによるリアルタイム人物検出技術」「道路不具合自動検出システム」などの要素技術をプラットフォーム化したもので、学習機能と判定機能、それに基本データを学習させた学習モデルで構成されている。

 導入することで監視検閲や保全点検、製品監視といった、従来は熟練者の目視によって行われていた業務を、監視カメラとAIの組み合わせに代替させることが可能となる。具体例としては「生産ラインで発生する製品不良の識別」や「建物壁面の目視点検」「監視カメラ映像の目視判断の自動化」などが挙げられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.