ニュース
» 2017年03月09日 15時00分 UPDATE

華為技術/Oracle:電力IoTでエコシステム・パートナーシップに合意

中国の華為技術と米Oracleは、電力IoT分野におけるエコシステム・パートナーシップに合意したことを発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 中国の華為技術(ファーウェイ)と米Oracleは2017年2月8日、電力IoT(モノのインターネット)分野におけるエコシステム・パートナーシップに合意したことを発表した。両社は、ファーウェイの「AMIソリューション」と、Oracleの公益業界向けアプリケーション製品「Oracle Utilities」および関連製品のマーケティングと販売で協力していく。

 ファーウェイのAMIソリューションは、Oracleのメーターデータ管理アプリケーション「Oracle Utilities MDM」、スマートグリッドネットワークを統合するためのアプリケーション「Oracle Utilities SGG」、公益企業向け顧客情報管理アプリケーション「Oracle Utilities CC&B」と連携し、メーターデータ取得システムやユーザー側のシステムに対応し、スマートメーター、通信ネットワーク、ヘッドエンドシステム(HES)を管理できる。

 両社は既にAMIソリューションのHESと、Oracle Utilities MDM、Oracle Utilities SGGの結合テストを完了。これにより、スマートメーター実装、遠隔操作、電気窃盗や電力品質に関する分析などの最適化が可能になった。

 また、両社は、ファーウェイのICT製品・ソリューションを活用し、Oracleが得意とする公益業界分野の研究開発、導入、アウトソーシング・サービスと連携を図りながら今後一層の協力をしていくとしている。さらに、電力会社にエンドツーエンドのAMIソリューションを提供し、顧客体験や事業運営の効率向上と省エネルギー、二酸化炭素排出量の削減を支援していく。

エコシステム・パートナーシップに合意したファーウェイとOracle エコシステム・パートナーシップに合意したファーウェイとOracle

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.