ニュース
» 2017年03月08日 08時00分 UPDATE

パナソニック HIT 車載タイプ:トヨタ「新型プリウスPHV」に採用、新開発の車載向け太陽電池モジュール

パナソニックは、住宅用、公共・産業用の太陽光発電システム向けに展開している同社の太陽電池モジュール「HIT」を車載向けに応用した「HIT 車載タイプ」が、トヨタ自動車の「新型プリウスPHV」に採用されたことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 パナソニックは2017年2月28日、住宅用、公共・産業用の太陽光発電システム向けに展開している同社の太陽電池モジュール「HIT」を車載向けに応用した「HIT 車載タイプ」が、トヨタ自動車の「新型プリウスPHV」に採用されたことを発表した。

 HITの最大の特長は独自開発の「ヘテロ接合型構造」にある。シリコンでできた基板の表面をアモルファスシリコン膜が覆う構造で、太陽電池内部で発生した電気の粒を消失することなく取り出せるため、高出力を実現。さらに、一般的な太陽電池よりも高温環境に強い(出力低下が少ない)という特性を併せ持つことから、車載タイプの太陽電池モジュールに最適であるとし、このたび車載タイプの太陽電池モジュールとして応用、開発するに至った。

独自の「ヘテロ接合型構造」を採用したパナソニックの太陽電池モジュール「HIT」 独自の「ヘテロ接合型構造」を採用したパナソニックの太陽電池モジュール「HIT」(出典:パナソニック)

 HIT 車載タイプを用いたソーラー充電システムは、メーカーオプションとして新型プリウスPHV(Sグレード)のルーフ部に搭載される。

トヨタ自動車「新型プリウスPHV」のソーラー充電システムに採用されたパナソニックの車載向け太陽電池モジュール「HIT 車載タイプ」 トヨタ自動車「新型プリウスPHV」のソーラー充電システムに採用されたパナソニックの車載向け太陽電池モジュール「HIT 車載タイプ」(出典:プレスリリースより)

従来比3倍以上の高出力、駆動用リチウムイオンバッテリーへの充電を可能に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.