ニュース
» 2017年03月08日 15時00分 UPDATE

三菱マテリアル AHX475:コーナー角75度のカッターボディーで高送り加工が可能

三菱マテリアルの加工事業カンパニーは、多コーナー形汎用正面削りカッター「AHX475」の販売開始を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 三菱マテリアルの加工事業カンパニーは2017年2月、多コーナー形汎用正面削りカッター「AHX475」の販売開始を発表した。AHXシリーズに加わるコーナー角75度のカッターボディーで、本体価格は6万8580〜19万6560円、インサートは1717円となる。


 多コーナー形汎用正面削りカッターAHXシリーズは、両面14コーナーが使用可能な7角形インサートを採用したコストパフォーマンスの高いミーリング加工用工具だ。今回、新たにコーナー角75度のAHX475を追加した。

 AHX475は、低抵抗なダブルポジ刃形と厚みのあるインサートを採用。高能率な加工や、高送りなどの負荷がかかる加工に対応する。また、円すい形の着座がインサートの着座面積を確保するため、突発欠損時でも着座の損傷やボディーへの擦過損傷を抑制する。

 加工径Φ50〜160mmの20型番をそろえ、2ブレーカー4材種8型番のインサートに対応する。

多コーナー形汎用正面削りカッター「AHX475」 多コーナー形汎用正面削りカッター「AHX475」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.