ニュース
» 2017年03月03日 09時00分 公開

ミック経済研究所 IoTソリューション市場動向 2016年度版:国内IoT市場はまだ未成熟期、成長期は2017年度から

各社IoTプラットフォームの充実が進む中、PoCから実証実験、実採用の流れが形成されつつあり、2017年度はIoT市場成長の年になりそうだ。

[渡邊宏,TechFactory]

 IoT(Internet of Things)は単一の機器やデバイス、サービスを指すものではなく、さまざまな要素を組み合わせることで価値を生むモデルである。これを大まかに分類すれば、「機器」と「ネットワーク」それに「ソリューション(アプリケーション)」の3つに分けることができるだろう。

 ミック経済研究所はITソリューションベンダーやSIerなど53社を対象としたIoTソリューションの市場動向を実施、「IoTソリューション市場展望2016年度版」として発表した。2022年度までの中期予測においては、2兆4000億円の市場に成長すると予測している。

photo 聞き及びサービス販売を含めた、IoTソリューション市場中期予測(出展:ミック経済研究所)

 IoTが生み出す市場効果を提供するもの別に「機器」「ネットワーク」「ソリューション」と分類した場合、2015年度から2016年度にかけて最も高い成長を見せたのがソリューションだ。2016年年度の市場規模(見込み)はソリューションが全体の約6割を占める約390億円となっており、機器(約144億円)、ネットワーク(約106億円)を大きく上回っている。

「IoT基盤」をバネに成長

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.