ニュース
» 2017年02月22日 08時00分 UPDATE

日立ソリューションズ IoTタグ入り電子サイコロ活用:サイコロ型IoTデバイスで現場作業を“簡単記録”、工数把握や安全管理にも

日立ソリューションズは、電子サイコロの向きで現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」の提供を、2017年2月15日から開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 製造・建設現場の作業者は、一般的に作業終了後にその日行った作業内容や作業時間をITシステムに入力したり、紙の報告書に記入したりしている。しかし、近年の作業現場では、高齢の作業者や外国人の作業者が増加しており、言語の理解不足、曖昧な記憶による記録の不正確さが問題として浮き彫りになってきている。また、こうした作業現場での効率化などを目的に、スマートデバイスを導入・活用するケースも増えているが、初期導入コストや保守費用の増大、操作教育といった運用負担が重くのしかかってきている。


 こうした問題を抱える現場に対し、日立ソリューションズは電子サイコロの向きで、現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」を提案する(提供開始:2017年2月15日から)。例えば、日本語を理解できない作業者やITシステムの操作に不慣れな作業者でも、自分専用の電子サイコロの向きを変えるだけで、作業内容や時間を簡単に記録できる。また管理者は、作業者ごとの工数を的確に管理できるとともに、取得した位置情報を分析することで、業務改善にも役立てられるという。

「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」の特長とは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.