ニュース
» 2017年02月21日 07時00分 UPDATE

山洋電気 PB4D003E440:EtherCAT対応の4軸一体型ドライバ

山洋電気がEtherCATインタフェースを備えた、4軸一体型ドライバ「PB4D003E440」を発売する。一般産業機器やレーザー加工機、半導体関連装置などに適する。

[渡邊宏,TechFactory]

 山洋電気は2017年2月13日、クローズドループステッピングシステム「SANMOTION Model No.PB」の新製品としてEtherCATインタフェースを備えた4軸一体型ドライバ「PB4D003E440」を開発、同年3月1日より販売開始すると発表した。制御バスにEtherCATを採用、位置決め速度が既存製品(PB4D003E2D0)比で4倍以上となることでよりスムーズな動作を実現した。


「PB4D003E440」 「PB4D003E440」

 同社クローズドループステッピングシステムは、ACサーボシステムとステッピングシステムの長所を備えたモーターシステム。小型ながら高速/高加減速を実現しており、半導体製造装置や一般産業機械、搬送機器などに適する。

 新製品「PB4D003E440」はDC入力の4軸一体型で、インタフェースにEtherCATを採用。インクリメンタルエンコーダに加えてバッテリレスアブソリュートエンコーダを選択可能となっており、後者を選択した際にはバッテリ交換が不要となりメンテナンス頻度を下げることが可能となる。

 また、4軸ごとにエンコーダを選択可能となっており、装置構造に合わせてのシステム構築が可能。エンコーダ種別を自動判定する機能も搭載されており、設定の負荷を省いた簡便な設置を可能としている。適合するモーターのサイズは28/42/60mm角で、制御モードにはクローズドループ制御モードと偏差レスクローズドループ制御モードを用意する。

キーワード 超速解説シリーズ:

⇒ トヨタが全面採用を決めた「EtherCAT」とは何か



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.