ニュース
» 2017年02月06日 09時00分 UPDATE

IoTスペシャリストを目指そう(9):第9問 IoTシステムによる生産管理(1) (1/2)

IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTシステムによる生産管理」です。

[IoT検定制度委員会,TechFactory]

 製造業のIoTによる生産現場改善は「企業のIoT化」の第一歩と言えます。既に多くの生産現場にはなんからの生産管理システムが導入されていますが、その情報は現場での活用にとどまり、経営情報や顧客対応情報などとしての活用はされてないのが実情でしょう。

 一般に生産管理システムは、生産現場における工程/納期/作業/工数などの計画及び管理に加え、材料や部品の調達や品質管理などもその対象とします。最近では小規模事業者でも容易に導入できるクラウド型の生産管理サービスも増えています。

 生産管理システムから得られる各種の情報は経営判断にも有益なものですが、生産管理システムは経営資源の有効活用を実施するERP(Enterprise Resource Planning)などと連動するには至っていないことが多く、工場間の情報共有すらできていない場合も少なくありません。

 IoTではあらゆるモノがつながり、データを有効活用することが求められます。生産管理システムも他のシステムと連動し、工程/納期/作業/工数/品質などの情報を経営/顧客対応などに生かし、他の工場や関連会社などと共有を行い、マスカスタマイゼーションを実現させるような柔軟性を手にする必要があります。

 製造のIoT導入という文脈では「スマート工場」という言葉も頻出します。このスマート工場では、IoTを通じて顧客が求める製品やサービスの価値を捉え、製品/サービスの改革を工場の直接部門と間接部門が一体となって進め、また、収集されたデータを意味のある情報に変換し、適切な経営判断を含めた推進が必要になります。

今回の問題

 それでは、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題します。今回はものづくりの現場を管理する生産管理システムに関連する問題となります(※)

問題(9):

 生産管理システムのIoT化は今後のマスカスタマイゼーションやスマート工場の実現において重要です。下記の生産管理システムに関連する用語の説明として、最も正しいものを1つ選びなさい。

  1. MES(Manufacturing Execution System)は、工場の生産時点情報を機械、設備、作業者などからリアルタイムに採取し管理する
  2. POP(Point of Production)は工場の生産ラインを監視・管理するシステムであり、ISO 22400にて生産性指標が標準化されている
  3. MRP(Materials Requirements Planning)では、必要な所要量を計算し、部品や原材料の調達や生産計画を作成する
  4. BOM(Bill of Materials)は、経営資源を適切に分配し、有効活用するための考え方であり、企業経営の効率化を実現する

※本連載の設問が実際のIoT検定にそのまま出題されるわけではありません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.