ニュース
» 2017年02月02日 12時00分 UPDATE

Western Digital WD Black:NVMe規格に対応するPCIe接続SSD

ウエスタンデジタルは、NVMe規格に対応するPCIe接続SSDを発表した。PCIe Gen3 ×4 NVMeをベースとし、従来のSATA SSDの3倍以上となるシーケンシャル読み取り速度を可能にした。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 Western Digital(WD)は2017年1月、NVMe規格に対応するPCIe接続SSD「WD Black」を発表した。フォームファクターはM.2 2280を採用し、容量は256Gバイトと512Gバイトをそろえた。価格はオープンで、同月下旬より販売を開始する。


 WD Blackは、同社が2016年10月に発表したSATAクライアントSSD「WD Blue」「WD Green」と、PC、ワークステーション向けハードドライブファミリーに加わるPCIe SSDとなる。PCIe Gen3 ×4 NVMeをベースとし、従来のSATA SSDの3倍以上となるシーケンシャル読み取り速度を可能にした。

 起動ドライブとして大容量ハードドライブと組み合わせたり、プライマリーストレージとしてPC構築時に使用することもできる。SATA SSDに比べ、システム起動時や読み取り集中型ゲームアプリケーションのロード、システムのシャットダウン時に10秒以上のパフォーマンス向上が期待できるという。

 MTTF(稼働開始から故障までの平均稼働時間)は175万時間で、NVMe規格仕様を上回る温度、電力管理アルゴリズムを採用。シーケンシャル読み取り速度は最大2050Mバイト/秒、同書き込み速度は最大800Mバイト/秒。主要プラットフォームとは互換性を備えた。無料でダウンロードできるWD SSDダッシュボードソフトウェアにより、性能や容量を継続的に監視できる他、ファームウェアのアップデートも可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.