ニュース
» 2017年02月01日 08時00分 UPDATE

デージーエスメディカル DICOMizerNEO:内視鏡画像を院内PACSに完全統合するDICOMゲートウエイ

デージーエスメディカルは、各社内視鏡装置を院内PACSに完全統合する「DICOMizerNEO」の販売を2017年2月1日から開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 デージーエスメディカルは2017年1月24日、各社内視鏡装置を院内PACS(Picture Archiving and Communication System:医療用画像管理システム)に完全統合する「DICOMizerNEO」の販売を、同年2月1日から開始すると発表した。

DICOMコンバーター「DICOMizerNEO」 DICOMコンバーター「DICOMizerNEO」。内視鏡装置の出力をDICOMに変換し、院内PACSに画像を送信する基本機能を備える(出典:デージーエスメディカル)

 これまで内視鏡向けDICOM(Digital Imaging and COmmunication in Medicine:医用画像フォーマット/医用画像向け通信プロトコル)ゲートウエイの開発を手掛けてきたデージーエスメディカルは、このほど専用設計の堅牢なハードウェアおよび最適化済み専用OSをベースに、全ての機能を刷新した同製品を開発。MWM(Modality Worklist Management)などで取得した患者情報を内視鏡装置に転送できるため、内視鏡装置に患者情報を二度打ちする必要がないといった特長を備える。これにより、院内にある内視鏡装置をDICOM仕様で院内PACSに完全統合することが可能となるという。

専用RFIDアンテナの接続により、洗浄管理システムとの連携も可能に

 同製品の特長は大きく3つある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.